床下の新聞

こんにちは、吉田です。

ニュースで見たのですが、古民家の再利用を紹介する番組で、畳をめくって床下リフォームをしているシーンがありまして、そこに古新聞が一面敷かれている場面が。そう言えば昔の家って畳の下に古新聞よく敷かれていたなぁって、今では余り見かけませんね。確か湿気取りや断熱材代わりに活用していたと記憶しています。今は畳や床下に使う建材の性能も上がって、新聞紙を引く必要はあまりないそうです。

かえってお家によりますが、新聞紙を敷くと湿気がたまりカビが生えたり、虫に食われたりと状況を悪化させる場合もありますので、注意が必要です。

img3a4ff503zik0zj

今でも古民家や古めのお屋敷で、リフォーム時の解体工事中などで、古新聞を見つけたることが有りますが、そのお家の歴史と時代を感じます。そんな新聞見つけちゃうと思わず見入ってしまいそうです(^^)

年末も少しずつ差し迫ってきていますが、畳や建具などの表装替リフォームを考える時期になってきましたね。そんなリフォーム注文も増えてこれから立て込んでくることが予想されます。

今なら、まだ大丈夫です(^^)お問い合わせはお早めに!

 

リフォームは、地元箕面市に根ざしたリフォーム会社 キナリリノベーションへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>