サッシの…。

こんにちは、キナリの吉田です。

これから寒くなる季節、サッシの建て付けは大丈夫ですか?立て付けが悪いとそこから冷気が進入し、思った以上に部屋の温度は下がります。最近は内窓を設置したり、2重ガラス化されていたりしますが、立て付けが悪いとその効果は発揮しません。

 

知っているようで意外と知られていない、サッシの建て付けはご自分で調整できます。奥様独りでもドライバー一本で調整できるんです!

 

サッシの下には車輪(戸車)が2個あります。この車輪がレールに載って窓の開け閉めをスムーズにしているんですが、この車輪の高さを調整することで立て付けの修正や調整が出来るんです。

 

サッシの画像のところに穴が二つあり、穴の奥にそれぞれネジが見えるはずです。上のネジはサッシの組み立てネジ、下のネジが車輪の高さを調整するネジなんですね。

sassi

ドライバーを差し込んで右廻しでサッシが上に上がり、左廻しで下に下がります。車輪は通常2個付いているので、それぞれネジを廻して上げ下げし、サッシの傾き具合を調整してバランスをみます。とっても簡単です。

sassigazou

サッシの動きがスムーズになり、サッシのロック部分(クレセント)の開け閉めが楽になったりこの調整でびっくりするほどサッシの使い勝手が変わりますよ♪

 

そうそう、サッシのロック部分(クレセント)もドライバーで調整できます。ネジを緩めて上に下にずらして調整可能です。併せて挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

一部例外のサッシもありますが、概ねサッシはその形で組み立てられております。

キナリ吉田のプチリフォームでした(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>