門扉の調整

こんにちは、吉田です。

今日の事なんですが、お仕事を終えて自宅マンション駐車場に車を止め、ふと目を向けるとマンション階段の門扉前で、住民の方数名が話しこまれてまして。どうされました?って声をかけた処、門扉の閉まるスピードが速く、しまり切る瞬間のガチャーンって音で門扉付近の部屋の方が気になるとの事。明け方新聞配達員が開け閉めするんですが、音で目が覚めるそうで(^^;)

しまる速度を調整できるはずと、住民のお一人が門扉の建付け調整のところをドライバーで触ってみたが変わらないので如何したもんか・・・。って処に僕が帰ってきた。そんな状況でした。

SN3O0454 SN3O0455 SN3O0453

メーカーを確認しましたら、三協立山アルミさんの門扉。建付け調整の所は関係ないはず、きっとヒンジ部分だろうって上記画像の矢印部分のヒンジキャップを外したら、有りました(^^)ちょっと上の画像ボケてますが、ドライバーで調整できるようになってる部分。そこをマイナスドライバーでちょこっと廻して調整完了。

実際に門扉を閉めて調整後を見てもらうと住民の人が、おぉ~。って(^^;)

住民の人に言わせると、そんなところに調整できる場所が有るなんて、考えもしなかったそうで、そうかぁ知らない人は知らないんだなぁって、後でネットで調べると、玄関扉の調整と門扉のガタツキ調整は割と紹介されていましたが、ヒンジ部分の調整は探さないと紹介も少なかったです。

メーカーによりけりですが、もし同じような症状の門扉が有りましたら、ヒンジ部分の上のキャップも外してみて見ましょう。ドライバー一本で調整できますよ(^^)

リフォームは、地元箕面市に根ざしたリフォーム会社 キナリリノベーションへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>